beauty & sukincare

化粧品には法律で成分を表示する義務がある

化粧品は肌に直接使うだけに、危険な成分は厳しく規制されています。
さらに人によって肌質やアレルギーも異なるので、消費者が自ら確認できることが必須になっています。

そのためにあるのが法定表示です。これは法律で定められているので、必ず表示しないと違反している業者となり悪質です。

どんなことを表示しなくてはならないかというと、製造販売業者の氏名と
住所や製造番号など、製造販売者に関する情報です。詳細の表示

他にも商品の内容に関しては、使用している成分と使用期限も明示します。
これらの情報を消費者がチェックできる状態で表示しなくてはなりません。

ipsコスメティックスも例外ではなく、細かく表示をしています。

ipsコスメティックスはもともとこだわりの成分を使っていますので、大きなトラブルはありません。
それだけ自身がある成分ですから、自信をもって製造販売者名なども公開しています。

法定表示も偽りがなく商品ごとにわかりやすくなっていれば、調べるのも手間が不要ですし安心して使えます。
消費者の立場に立って情報をまとめているipsコスメティックスなら、多くの方が
自分に合った、安心できるアイテムを見つけることが簡単に出来ます。

成分もネットで簡単検索できるipsコスメティックス

ipsコスメティックスも当然ですが、法定表示の義務は守っています。
ただ表示するだけではなく、わかりやすく見やすくに力を注いでいます。

しかし、ipsコスメティックスの販売方法だと、もう1つの義務が生じます。
それが法定広告記載事項です。

特別商取引法で定められている項目の表示をする義務がありますので、安全に使えるコスメ
より細かく丁寧に表示をしなくてはなりません。

ipsコスメティックスの場合は、ホームページにすべての情報が詰まっています。
法定広告記載事項のページでは、製造販売者の氏名から住所まで載っています。

さらに商品ごとの容量や価格まで載っているので、本来の値段がわかり
不当な割引価格表示などもできません。

支払い方法なども記載があるので、事前に不安になる要素を取り除くのに十分な情報量です。

もちろん、各アイテムのページには成分も載っていますから、自分で安心して使えるかの判断もできます。
ipsコスメティックスは情報がすぐに見つけられて判断できるように、ホームページにもこだわりをもっています。
これなら多くの情報から判断できますし、それだけの自信がある、
使う人の立場になった消費者優先の会社だという証拠でしょう。